background

加工商品

Jogashima Suisan Inc.

加工商品

城ヶ島水産の加工商品

城ヶ島水産の加工商品の特徴

  • すぐ使える 味付けや粉付けをしてあるので、あとは焼いたりあげたりするだけです。
    時間のかかる漬魚や手間のかかる粉付けがない分、調理が簡単!後片付けする用具も少なくて便利です。
  • 清潔・安全 食への安全性を追求し徹底した衛生管理のもと「安心・安全・より良い商品」をお客様にお届けするため日々努力しています。
  • 美味しい 消費者の多様なニーズに応えつつ、オリジナルの味にこだわって研究を重ね、新商品を自社で開発しています。
    また、ご要望に応じて御社のオリジナル商品開発も承ります。

城ヶ島水産の漬魚商品

漬魚

漬けダレひとつからオリジナルの味にこだわって研究を重ね、新商品を自社で開発しています。消費者の、変化し続ける多様なニーズに応える商品を製造・販売。当社栄養士が開発する様々な味付けの加工食材は流通大手各社様よりご好評をいただき、全国各地で販売されています。

漬魚 味付例

醤油、みりん、生姜みりん、味噌、西京、玄米、粕、ネギ塩、バジルオリーブ、バター醤油、ペッパーガーリック、カルビ、BBQ(バーベキュー)、塩麹、醤油麹、味噌麹、塩だれ、幽庵、懐石味噌

城ヶ島水産の味付、粉付商品

加工(味付、粉付)

消費者の多様なニーズに応えつつ、オリジナルの味にこだわって研究を重ね、新商品を自社で開発しています。
当社栄養士が開発するフライ調理用、ステーキ用など様々な味付けの加工食材は流通大手各社様よりご好評をいただき、全国各地で販売されています。

味付、粉付商品例

味付、粉付商品例、竜田揚げ、ゴマ揚げ、唐揚げ、磯辺揚げ(のりしお)、煮付け、ソテー(和風、ジンジャー、ガーリック、オニオン、タルタル)、米粉ソテー、カツ、バジルチーズ、ガーリックベジタブル、めんたいこ、めんたいマヨネーズ/ガーリック、カレー、トマトソース、クリームソース、ジェノバソース、サルサチーズ(ピザ風)、ゆずポン酢、おろしポン酢、甘酢、黒酢、オイスターソース、チリソース

お料理豆知識のイメージ

まめ知識

素材について

  • 日本酒や味噌、醤油、みりん、食酢、焼酎等、発酵食品をつくるために利用される。米・麦・大豆などの穀物を蒸して、食品の発酵に有効なコウジカビ等の微生物を繁殖させて作る。
  • 醤油 日本料理における基本的な調味料の一つ。大豆と小麦で作った麹と塩水を発酵・熟成させて作る、黒茶色の調味料。
  • みりん 日本料理では調味料として主に用いられる、伝統的な酒類調味料。16世紀頃には女性やお酒が苦手な人に飲まれる「甘いお酒」だった。19世紀頃から調味料として活用されるようになった。
  • 味噌 大豆や米、麦等の穀物に塩と麹を加えて発酵させて作る発酵食品。7世紀頃に味噌の起源となる食品が伝わり、時代の変遷とともに日本全国に広がって、江戸時代には味噌文化が花開いた。
  • 西京 西京みそ(京都で作られる甘い白みそ)にみりん・酒等を加えて作る。魚を味噌漬けにするとアミノ酸が増加、うまみが増す。
  • 玄米 玄米とは、収穫した米から、もみがらだけを除いたもの。白米と比べるとビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含む。
  • 「かす」は、原料となるものから目的の成分を取り除いた後に残る、不純物や余った部分。酒粕は、日本酒の「もろみ」を圧搾した後に残る、白色の固形物のこと。
  • ゆず ミカン科の常緑樹で、日本の代表的調味用柑橘類。奈良時代には薬用や食酢として用いられ始めた。ゆずを風呂に入れる「ゆず湯」は新陳代謝を活発にして、身体を温めるとされており、また、柚子の香りにはリラックス効果があることが知られている。
  • ネギ塩 日本の食卓では馴染み深く、薬味としても好まれるネギを細かく刻み、主に塩で調味したもの。現代日本で最も人気のある味付けの一つ。レシピは多数存在し、胡麻、胡麻油・にんにく・コショウなどがしばしば加えられる。
  • 塩麹 麹と塩、水を混ぜて発酵・熟成させた、日本の伝統的な調味料。野菜や魚の漬物床として利用されてきたが、近年とみに人気が高まり様々な料理で利用されている。
  • 米粉 日本で馴染みの深い米を粉にしたもの。奈良時代には米粉が使われた菓子が伝わり、江戸時代には米の粉を主原料とした日本独自の和菓子が発展。現在は、従来の使い方に加えて、新たな利用法で注目を集めている。
  • めんたいこ(明太子) 「めんたい」は朝鮮語で「スケトウダラ」のこと。スケトウダラの卵巣を塩蔵の上唐辛子を加えて熟成させたものを「めんたいこ」と言う。
  • ポン酢 橙や柚子、すだち、かぼすなど柑橘類の果汁。この果汁にに酢酸を加えて味をととのえ保存性を高めた和食の調味料のことも指す。
  • おろしポン酢 大根おろしにポン酢をかけたもの。
  • 甘酢 合わせ調味料の一種で、砂糖・みりんなどをまぜて甘みを強くした酢。
  • 黒酢 玄米に大麦または小麦のみを加えたものを原材料とし、穀物酢1リットルに対して原材料が180g以上使用されており、発酵や熟成によって褐色または黒褐色になったもの。食酢の中でも群を抜いて多くアミノ酸が含まれており、またビタミンB群、ミネラルも含まれていることから、栄養補助食としても注目されている。

調理加工について

  • 幽庵 「幽庵焼き」とは和食の焼き物の一種。幽庵地(醤油・酒・味醂の調味液にユズやカボスの輪切りを入れたもの)を用いた魚の付け焼きで、江戸時代から伝わる伝統的な魚の調理法。
  • 懐石 茶事の際に供する料理で、「茶懐石」ともいう。禅僧が修行中に温石(おんじゃく=温めた石)を懐中に持ち空腹を凌いだことにちなんでおり、本来はその程度の簡素な軽い食事のことを言う。
  • 唐揚げ 揚げ油を使用した調理方法、またその調理された料理。食材に小麦粉や片栗粉などを薄くまぶして油で揚げたもの。
  • 竜田揚げ 醤油・みりん・酒などで下味をつけた肉や魚に片栗粉をまぶして油で揚げた料理。
  • 磯辺揚げ(のりしお) 海藻の海苔を衣に用いた揚げ物。材料に、小麦粉・卵白・もみのりの順につけて揚げるタイプと、材料をのりで巻き、素揚げまたは薄衣をつけて揚げるタイプの2種が主流。
  • カツ 「カツ」は、「カツレツ」(英語の「cutlet」)の略。しかし、本来のcutletの調理法とは異なり、大きな揚げ鍋で多量の油を使用して揚げて調理する。